高校生の部屋の片づけ 1

テーマは思春期のお片づけ

この記事は、私が整理収納アドバイザーを目指していた当時「1級の2次試験発表」のための実例です。

お片づけのテーマは「思春期の高校生」、高校2年生の女の子とのお片づけレポです。

汚い部屋をなんとかしたい!

クライアントアントは高校2年生の女の子。

片付けたい場所はもちろん自分の部屋、そして要望が2点

  • 自分以外のモノを部屋から出したい
  • 好きなモノに囲まれた部屋にしたい
間取りと現状の様子
  • 正面のAの机・・・受験時の教材
  • Bの黒い棚・・・・幼児期のおもちゃ
  • Cのベッドの上・・クローゼットに入りきらない服など

部屋が片付かない理由がわかりました

確かに、彼女の言うように「自分以外のモノ」も部屋にはありましたが、

1番の理由は、今の年齢に合わないモノが多数あること

そのため、今、必要なモノが収まらない状況でした。(これでは戻す場所がないよね~)

机からスタート(見取り図・Aの机)

さっそく、本人と一緒に机を片付けます。

すでに高校生なので、机上の受験時のテキストはもう必要ないですね~

(画像掲載許可頂いています)

 

 

 

 

 

今の自分に必要か考えよう

机の中身を全部出したら3つに分類

  •  使っている
  •  使っていない
  •  処分する

さすが、高校生!判断のスピードが速い!!

迷った時だけアドバイス、「今の自分に必要ですか?」

その答えを知っているのは、子どもであっても本人です。しっかり答えを導き出します。

 

 

 

 

▲ 引き出し内の「処分するモノ」

書きかけのメモや、使いづらい文具は思いきって処分  。  

  • 使ってないけど保管したいモノ・・・絵の具・色鉛筆・カラーペン
  • 思い出のモノ・・・・お友達との手紙・プレゼント・記念品

いずれも使わないモノはひとまとめにし、今、使っているモノとは別の場所に収納を考えます。

判断は本人に任せる

将来的に使うか迷うもの、人に譲る予定のあるものは、後で保護者に確認してもらいますが、

使っている・使っていないの判断は本人に任せます。

これは小さなお子さんの場合でも同じです。

ママとしては「え~捨てちゃうの?!」とか・・・

「おばあちゃんに買ってもらったのに?!」とか・・・

ついつい、言いたくなる気持ち、すご〜く良くわかります!

でも、その言葉でお母さんの様子を気にしてしまい、次第に判断が鈍ります。

そこは、ぐっと我慢して欲しいのです。

何より、本人が捨てる痛みを感じています。

ちょっと無駄遣いしちゃたかな〜と感じた彼女

「これからはよく考えて買う!」と約束してくれました。

人生は選択の連続

この年代は、進路や将来の様々なことを自分で選択する時期です。

モノと向き合うことは自分と向き合うこと

今の自分にとって、何が必要で何が不要なのか

優先順位も含め、整理は判断を鍛える良い訓練になります。

思春期こそお片付け!!おススメします。

机の配置を変更して終了!

机上の棚一段分を撤去し、側机は「左利きに合わせ左側」に設置

毎日の不便は慣れると気づかないものですね。

その上は、お気に入りの通学リュックの置き場になりました。

部屋も明るくなりました。

高校生にもなると、机の中身は意外とすっきり

 

 

 

 

  • 1段目 アクセサリー
  •  2段目 デジタル機器
  •  3段目 ファイル・ノート類 

んん?!勉強道具が少ないか~?!まあいっかぁ~

ひとまず机が終了、次回高校生の部屋の片づけ2へ続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です