スキャナーでの写真整理におもいでばこをおすすめする理由

bittersweet homeの写真整理サービスでは、デジタル写真の保存先として
BUFFALOのおもいでばこをおすすめしています。

プリント写真をデータ化するにはScanSnapOmoidoriが使用出来、
分厚いアルバムもデータとして省スペース管理することが出来るようになりました。

写真データはどこに収納するのがベスト?

写真データの保存先としてわが家でも使用しているのがおもいでばこです。

実際に使用している事はもちろん、整理収納アドバイザーとしておすすめできる理由があります。

整理収納の現状・収納したまま見ない写真

整理収納の理論では、写真などの思い出の品は「使っていないけど、とっておいて良いモノ」

「写真を整理する」=要・不要を分けるという考えが、思い出にまつわるモノのため難しく
忙しい日常生活において写真整理自体、後回しになってしまいます。

また、アルバムなど思い出の品は使用頻度が低いため、
押し入れやクローゼットなどへ
収納することが多いのです。

整理収納の現場では、何年も「収納したまま見ない写真」をたくさん見てきました。

しかし、写真本来の目的は「家族や友人と共有し楽しむもの」

思い出は「保存する事」よりも、写真を通し
「当時の想いを互いに伝え合う」ことこそが大切だと思っています。

私が、おもいでばこを実際に使用し【整理収納の3大効果】である

「時間的効果」「経済的効果」「精神的効果」が期待できる商品だと思っています。

整理収納アドバイザーとしておすすめする理由を書きます。

時間的効果・・・写真整理の時間が不要

整理収納が整うと「捜し物をする時間」がなくなり、日常の効率がUPします。

子育て中、写真を撮る機会はたくさんあるけれど整理をしている暇はない・・・・

そして写真は撮影者だけではなく、撮影された側(子ども・家族)も見たいもの。

整理にかける時間より、家族で思い出を振り返り、語り合う時間を大切にして欲しいと思います。

取り込みから整理までが自動・簡単・速い

様々な機器や収納場所(デジカメ・個人のスマホやタブレット・USB・PC・HDD)へ分散している

写真・動画が簡単に取り込め、同時に整理まで終わるため一元管理が楽になります。

  •  取り込みスピードが早いので、思い立ったらすぐ出来る
  •  重複した写真は自動で見分けて取り込まない
  •  画像の日付データを元に瞬時に自動整理
  • ※スキャンした写真データはスキャンした日付になります。

道具は簡単な事が1番です。手軽な道具ほど、日常使用のハードルは低くなります

目的の写真もすぐに探せる

カレンダー機能や、お気に入り、アルバム機能などがあるため目的の写真がすぐに探せます。

小学校では、赤ちゃんの頃を振り返る授業や、2分の1成人式など写真が必要になることもあります。

わが家の娘は先日同窓会の時に、当時の写真をスマホに持ち出し友達と見て懐かしんでいましたよ。

経済的効果・・・家族の思い出はpriceless

整理収納が整うと、不要なモノを購入したり、必要以上にストックを持たなくなります。

データの収納スペースや費用の問題

  •  スマホの容量が一杯だから写真を消す
  •  写真や動画をとるのを極力やめる
  •   大容量のスマホに買い替える
  •  クラウドも容量が増えれば有料化

従来のアルバムは重くてかさばるというのが悩みでしたが、
データならではの悩みも最近はよく聞きます。

おもいでばこは、1TBでも約40万枚収納可能なため上記のような心配をすることがなくなります。

しかも本体は小さく省スペースで管理できます。

私は、重たいアルバムをフォトブックにし直す?データはクラウドを有料化する?と悩んでいましたが、

アルバムを作成する時間と費用・省スペース・バックアップ先を兼ねるという様々な理由から

おもいでばこを導入することにしました。

家族の思い出はPriceless

パソコン・スマホ・タブレットの故障、SDカードなどメディアの劣化で思い出を失くしてしまった・・・

私の整理収納アドバイザー3級講座に来る方はそんな経験をお持ちの方が多いです。

私も以前、大事なデータをなくした経験からバックアップは気をつけています。
(思った以上にショックでした)

おもいでばこは障害時のリカバリー機能を持つ他、背面にHDDをつなぐと自動でバックアップ。

パソコンとクラウド以外の写真の保存先としておもいでばこは最適です。

精神的効果・・・写真整理は孤独な作業

整理収納が整うと、片づかないイライラから解放され、家族間のコミュニケーションも良くなります。

写真を選んだり、アルバムを作成したり、データを管理したり、パソコンに向かって黙々と作業。

楽しい時は良いですが、「やらなくちゃ・・・」と思ってしまうと孤独で気が重い作業だと感じます。

一人で悩まなくていい

パソコンやスマホの画面ではなかなか難しいことですが、

おもいでばこなら、リビングのTV画面を見ながら家族でわいわい写真選びが出来ます。

パソコンが苦手でも大丈夫

クラウドサービスにつきものの「アカウント」や「パスワード」

パソコンが苦手な方には苦痛に感じる要因です。

デジタルが苦手なお客様にこそおもいでばこをおすすめする理由はそこにあります。

また、パソコンを持たない若い世代や、孫の写真を楽しみにしているおじいちゃんおばあちゃんにも便利です。

以前、整理収納アドバイザー3級講座で「デジタルでの整理なんて考えていません」とおっしゃっていた受講生さん。

お孫さんの誕生をきっかけに、息子さんに購入サポートをしてもらいおもいでばこを導入されました。

整理収納アドバイザーとしての写真整理

「いつかやらなくちゃ・・・」から解放

 使わないけど捨てられない、日常に支障はないから後回しにしてきたけど、
心の中では「いつかやらなくちゃ」と思っている写真整理

実家のお片づけでも、楽しいかったはずの思い出が、
残されて苦痛なモノになっている・・・なんとも惜しい気持ちになります。

整理収納アドバイザーとして、お客様の写真整理の目的や選別方法を考え、
デジタル化のサポートをすること。

お客様の生活や時代に合った、思い出を振り返る環境(収納)をご提案したいと思っています。

写真や思い出整理を講座でお聞きになりたい方

整理収納アドバイザー3級認定講座
未来のために思い出を整理しよう【人生の折り返し整理】
2019年6月2日・埼玉県草加市

写真整理サポートをご希望の方

実際にアルバムのデジタル化を試してみたい方

初心者から学べるアルバム整理アカデミー

こちらでも講師とサポートをしております。