お片づけを楽しく小学生に教えます!ファミ片公式ワークショップ

小学生になったら身の回りは自分で片づけられるようになって欲しい、

でも、お片づけはなぜ必要なのか、どんな順序でやるのかきちんと教えてあげることは難しいですよね。

毎年夏休みに、小学生向けのお片づけワークショップを開催していますが、実は、片づけのプロである私たちも、毎回、子ども達の発想や意見に「なるほど~」と感心させられることばかり。

 うちの子は片づけが出来ない!そう思っているのは実は大人の方です。 

親・子の片づけ教育研究所 公式ワークショップ「お片づけ大作戦(だいさくせん)!」は、

子ども達に片づけの楽しさを知ってもらうことはもちろん、保護者の方に「小学生のかたづけ力」を発見してもらえるワークショップです。

親・子の片づけ教育研究所(ファミ片)とは、

片づけの「仕組み」×家族の関係性「家族力」で問題を解決していく。
これが親・子の片づけ教育研究所がお伝えする家族の片づけ(ファミリーの片付け=ファミ片)です。

一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所HPより https://oyako-katazuke-edu.jp/

ファミ片公式ワークショップ お片づけ大作戦!

小学生にもわかりやすい言葉と、カードを使って楽しくお片づけを学びます。

このワークショップに参加すると

  • 片づける事でどんな良いことがあるのか、子どもが理解することで自発的に片づけられるようになります。
  • 親子で一緒にワークショップに参加する事で、片づけに対する様々な子どもたちの意見を聴くことができます。
  • ワークを参考に子どもへの声かけやサポート方法を取り入れると、子どもとの片づけがスムーズになります。

学びと体験の2部構成

  • 前半 / 学びタイム
  • 後半 / 体験タイム

小学生に向けて、お片づけのキホンを、分かりやすくお伝えします。

その後、グループで話し合いながら、カードを使って、お片づけ体験をします。

小学生の机、棚まわりをモデルケースとして、よくあるアイテムが書かれたイラストカードを分け、

使いやすい場所はどこかを話し合いながら、 収納場所を決めて 机、棚まわりを片づけてみましょう!

やり方がわかれば自分で片づけ出来る!

参加したお子さんからは、

  • 「今まで片づけの本は読んでいたけど、このお片づけ大作戦!はやり方がよくわかる話だった。」
  • 「カードを分けるのが楽しかった。」
  • 「片づけって簡単なんだね!」

と大好評。参加した保護者の方からも

  • 「内容がシンプルで子どもにわかりやすい。」
  • 「子ども達が、自分で考えて取り組んでいた事に驚きました。」
  • 「学べばできるようになる事を実感しました。」

おうちへ帰ってからのお子さんの変化など、嬉しいご報告を続々届いている大好評のイベントです。

自由研究にも使えるおみやげ付き!

ワークショップで学んだ事を自宅で楽しくおさらいできるよう、「お片づけたんけんマップ」のおみやげ付きです!

夏休みに取り組めば、自由研究として使えます。ぜひ、親子で楽しくお片づけを学んでみましょう。

2019年・東京都北区開催の様子

ワークショップの開催日程

準備中

 

お片づけ大作戦!は出張開催いたします。

お片づけ大作戦!は自治体・教育機関・企業イベントなどの出張開催もお請けいたします。

日程、講師料など下記のお問い合わせフォームへご記入ください。

ワークショップ共通項目

【時 間】 90分

【対 象】 小学生と保護者の方(保護者の方も一緒にご参加ください)

【定 員】 小学生10名

※定員増量についてはご相談ください。
※未就学児のお子さまは、保護者の方と(保護者席にて)同席可能です。

幼稚園・保育園・学校・PTAの講演もお請けします

小学校5年生の家庭科で学ぶようになった「片づけ」。整理整頓を習慣化するには家庭でのサポートが大切です。年齢に合わせ子どもが片づけしやすい環境やおうちの方の接し方をテーマにお伝えいたします。

セミナー事例・子育て世代向け

  • 生きる力を育む親子の片づけ
  • すっきり新学期を迎えよう!子どもの机と学用品の整理方法
  • 3歳から始める、絵本で学ぼう楽しいお片づけ
  • 子どもと一緒に机を片づけよう!子どもが一人でできる収納方法
  • ママの毎日が楽になる整理収納講座

ご予算・日程・テーマなどのご希望はお気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)
お問い合わせ内容(必須)
メールアドレス (必須)
電話番号 (必須)
ご依頼内容をご記入ください

入力内容に間違いがなければチェック

 

投稿者プロフィール

おうちプリントダイエット・青山 順子
おうちプリントダイエット・青山 順子整理収納アドバイザー
日常で後回しになりがちな紙類(書類・子どもの作品・写真)をスキャナー/ScanSnapを使用し、デジタル併用のお片づけを推奨しています。