机と学用品の学期末整理法(小学生編)

長い休みが始まる学期末
子供たちが一気に持ち帰った学用品・・・収納場所に悩みませんか?

でも、学期に1回の整理整頓チャンスです

小学生のうちの習慣にすれば、お片づけは年3回で済みますよ

わが家恒例・学期末整理

終業式終了後の晴れた日がお勧めです

一気に、学用品・プリント・お道具箱を片づけましょう

学用品

  • お道具箱
    自分で掃除、学用品の補充はないか点検
    (補充があれば買い足しましょう)
  • 絵の具・書道セット・ピアニカ・リコーダーなど
    自分で掃除、カバンも干してカビ防止
  • 上履き・体操着
    すぐに洗濯(成長を考え、買い替えは休み明けが良いかもしれません)
  • ぞうきん
    必要枚数を準備(ミシンもこの日に済ませます)
  • 植木鉢など
    休み中に世話をしてまた持っていくのか、鉢や支柱は再利用なのかよく確認ましょう

そして

終業式同様に手提げにセット!
そのまま学校に持っていける状態でしまっておきましょう

子供も記憶が新しいうちに準備すれば忘れ物なしです

プリント類

プリントも学期に一度、整理して要らないモノは処分しましょう

  • 保護者のお手紙は行事が終われば処分
  • 子供の作文や賞状などは学期ごとに「要る・要らない」を判断
  • テストは学期末にまとめて処分

プリントは、持ち帰る度に出来ればいいのですが
日々は、「ざっくり保管」でも良いでしょう

学期に一度、見直しと処分をすれば良いと思います

作品類

1年分がまとまる春休みには、
作品や賞状などは「保存作業」をします

わが家で使用したのは「サクラクレパス がんばったファイル」

 

 

 

 

 

仕切りがあるので学年ごとに収納(賞状も入ります)

 

 

 

 

 

6年分でこんな感じです
ファスナーが閉まりにくいほど、いっぱいにはなりますが

ここに収まる分を1人分の適正量とします

→収まらない場合はデータ化もおススメです

教科書・ワーク類

保管期間は1年間で大丈夫

教科によっては、2年間またはそれ以上(音楽や道徳・保健など)
使用するものもあるので、小学校のうちは保護者が確認してあげましょう

収納家具は子どもの成長に合わせる

娘たちが小学生のころは、築40年の団地に住んでいました

 

 

 

 

 

小学生当時の机はDIY
小学生の間は2人でこの机を使用

 

 

 

 

 

学用品に専用のスペースを用意
タンスの上にコノ字ラックでDIY

どちらも現在は解体し処分しています

子どもの持ち物はこれから増加と変化していきます

収納家具は成長に合わせ対応できると良いですね

小学生から習慣づけよう

小学生から整理を習慣づけると、

自分で自分のモノを管理する力が身に付きます

ぜひ、お子さんと一緒に
「お休みに入る前に新学期の準備」を済ませましょう

片づけは子どもの成長に欠かせない生きる力を育みます

親子の片づけが楽しく学べる講座

親・子の片づけインストラクター2級認定講座・詳細はこちらです

 

この記事で使用したファイル

サクラクレパス がんばったファイルB OFP-502B#27 きみどり