【7/7】つっぱり棒ミニセミナー&収納なんでも相談会

スキマがあれば「ここつっぱれないかな?」と思ってしまうほど、気軽に利用できるつっぱり棒。

片づけのプロも、自宅や現場で数多く愛用している収納グッズです。

空間を縦にも横にも仕切ることができ、壁を傷つけないので原状復帰も簡単、賃貸でも大活躍。

ちょっとしたスキマにキッチンペーパー

デッドスペースの収納率もUPします

つっぱり棒が落ちたことある人必見!

そんな身近なつっぱり棒ですが、正しいつっぱり方を知らずに使っている人は多いはず。

「つっぱり棒が突然落ちた!!」という経験がある方はいませんか?

実はそれ私です。

主婦になりたての頃は「つっぱり棒は落ちるものだ・・・」と思っていたひとりでした。

日本人の9割が「つっぱり方を間違えている」

そんな私が片づけのプロとして、つっぱり棒シェアNO.1企業、平安伸銅工業様から「正しいつっぱり方」を伝授していただいたのが2020年。

平安伸銅工業株式会社・竹内社長を講師として東京にお招きしました

これまでつっぱり棒が落ちたのは

 正しいつっぱり方を知らなかったから!つっぱり棒のせいではなかった といことを知りました

現在はつっぱり棒マスターとして活動しています。

片づけのプロとして、つっぱり棒の正しいつっぱり方や便利な活用術など、整理収納の現場ではもちろん様々なメディアでも提案しています。

小学館DIME 2020年9・10月合併号

つっぱり棒研究所YouTube

カインズ公式YouTube「CAINZ TV」

つっぱり棒ミニセミナーをオンライン開催

多くの方に「つっぱり棒の正しい使い方を知って欲しい」と、昨年埼玉県草加市で「つっぱり棒ミニセミナー」を開催しました。

参加した方から「楽しかった!」と大好評だったため今回はオンラインで開催します!

セミナーの後、つっぱり棒の質問はもちろん収納の相談もお受けする時間も設けたいと思っています。

ご自宅の収納相談を、プロに聞けちゃうチャンスですよ。ぜひご参加ください。

こんな方におすすめです

  • つっぱり棒が落ちたことがあるので「正しいつっぱり方」を知りたい
  • 色々な種類があるので、かけるものに合ったつっぱり棒を選べるようになりたい
  • 部屋の間仕切りや、カーテンに使えるつっぱり棒があれば知りたい
  • つっぱり活用事例をたくさん見たい
  • おしゃれなつっぱり棒があれば教えて欲しい

参加者様の感想です

参加者アンケートより

  • つっぱり棒の正しい使い方を知らなかった。だからしょっちゅう落ちてくるのか!と納得しました。
  • つっぱり棒をチェックしてつっぱり直します。
  • つっぱり棒の正しい使い方を教えて頂き有難うございました。私も間違って使っていました。
  • 棚や、冷蔵庫の仕切りにもなるのは、面白いと思いました。
  • 帰りにホームセンターに行きたくなりました!
  • 家具を買うことを考えていましたが「そういう方法があったか!」と参考になりました。

※許可を頂いたご感想を掲載しております。

セミナー詳細

日程

《日 時》    2022年7月7日(木)

《時 間》    10:00~11:00(つっぱり棒セミナー40分+収納なんでも相談会20分)

《会 場》 オンライン会議室

《定 員》  6名

《受講費》 3,000円(税込)

 

カリキュラム

  1.  つっぱり棒の種類
  2. つっぱり棒の強度を決める三要素
  3. つっぱり棒を取り付ける場所
  4. つっぱり棒の事例
  5. 収納なんでも相談会

セミナー監修:平安伸銅工業株式会社

こちらのセミナーはつっぱり棒の老舗・平安伸銅工業株式会社監修セミナーです。

つっぱり棒の構造はもちろん、つっぱり棒の活用例満載のセミナーです。

お申し込み前にご確認ください

  • お振込みをもって正式なお申込みとさせていただきます。
    仮受付のメールから5営業日以内にお振込みください。申し訳ありませんが振込手数料はご負担下さいますようお願い致します。
  • 振込票をもって領収書に代えさせていただきます。領収証が必要な方はお申し込み時にお知らせください。
  • キャンセルポリシー
    ※開催日の7日前から前日まで :事務手数料(1,100円)+振込手数料 を差引いて返金
    ※開催日当日 :返金なし

お申し込みフォーム

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
講座名称
 ※事前振込をお願いします
備考欄

入力内容に間違いがなければチェック

投稿者プロフィール

おうちプリントダイエット・青山 順子
おうちプリントダイエット・青山 順子整理収納アドバイザー
日常で後回しになりがちな紙類(書類・子どもの作品・写真)をスキャナー/ScanSnapを使用し、デジタル併用のお片づけを推奨しています。