続・ペーパーレス生活実験中(電子ペーパークアデルノ)

富士通電子ペーパー名前が決まりました! 『QUADERNO(クアデルノ)

イタリア語で「ノート」を意味します。「QUANTITY(量)」と「QUALITY(質)」のあるアイデアが、どんどんと「出るノート」、という想いが込められているそうです。

仕事ではこんな使い方をしています

■ レジュメの校正
WordやPowerPointを印刷する際、紙ではなくプリント先を電子ペーパーに指定し校正。
当日は講師用レジュメとして持参、メモ書きもします。

■ 指導要綱をペーパーレス
ZOOM講座など、PowerPointの発表者ツールが使えない場合の手元資料として使用。

■ 打ち合わせに持参
スケジュール帳に打ち合わせ内容をメモ

■ 打ち合わせ資料の持ち出し
資料にその場で直接赤入れ。関連資料やカタログも全て収納

■  仕事を始める前のTO DO LISTに使用

実はこれが1番よく使うかもしれません。TO DO LIST用のノートのリフィルを活用しています。

他にも方眼ノートや大学ノートなど色々あるので使い分けができます。

クアデルノHP・フリーコンテンツ

ScanSnapに専用プロファイルを作成してみる

データを転送するのに、ScanSnap iX1500からQUADERNOに直接入れる方法はないのかな~と、

QUADERNOさんの商品サイトを参考にプロファイルを作成しました。

同期先フォルダーを設定

パソコンのDigital Paper PC Appで同期先フォルダーを設定

自動同期は、最初から10分なのでそのままでOK

ScanSnap iX1500のプロファイルを設定

保存先を同期先フォルダーに(スマホからも見られるようOne Driveにしました)

「QUADERNO」ボタンでスキャン

ボタン名も「QUADERNO」

スキャン後、同期されると(手動または10分経過後)反映されます。

まあ、パソコン作業中で、電子ペーパーも電源が入っている状況になりますが、

直接QUADERNOに入れたい場合「データを移すひと手間」が省けるのかな。

ScanSnap iX1500と連携できました。

まだまだ、ペーパーレス生活実験&修行中です。

印刷する頻度が減りました

私は、レジュメや資料など、画面上ではなく印刷して確認したい派。

最近は、印刷先が電子ペーパーのため、紙とインクの経費が抑えられているかもしれません。

先日、印刷しようとしてもプリンターが動かず「壊れた?!」と思う程、

印刷先が日常電子ペーパーになっています。

なにより印字がすごくきれいなので、印刷した紙をチェックするのと相違ありません。

QUADERNOはカラーでないため、最初は違和感がありましたが、逆にそれが目が疲れないような気がします。

あとは、上手に字を書くためにペンになれる練習だなあ・・・

ScanSnapとの相性はGOOD

電子化した紙を持ち運べるクアデルノがあれば、おうちの紙類もどんどんデジタル化がすすみそうですね。

紙をデジタル化するには、やはりScanSnapが便利(^^)
書類整理にデジタルもプラスしてみませんか?

ScanSnapレッスンは随時開催中!

お名前 (必須)
お申し込み内容(必須)
メールアドレス (必須)
ご利用のScanSnapについて(複数可)(必須) ScanSnap iX100ScanSnap iX500ScanSnap iX1500未使用その他の機種
電話番号 (必須)
①レッスン希望日(複数お願いします)
②Cafeレッスンはご希望の開催地(草加・越谷・北千住・リクエスト地)をご記入ください③訪問の場合はご住所をご記入ください④オンライン希望の際はその旨ご記入ください

入力内容に間違いがなければチェック

投稿者プロフィール

おうちプリントダイエット・青山 順子
おうちプリントダイエット・青山 順子整理収納アドバイザー
日常で後回しになりがちな紙類(書類・子どもの作品・写真)をスキャナー/ScanSnapを使用し、デジタル併用のお片づけを推奨しています。