ScanSnapミニセミナー2・仕事での活用例

2017年の整理収納フェスティバルでは

PFUさんの企業ブースでScanSnapアンバサダーとしてお手伝い。

ご来場者の方へ「ScanSnapミニセミナー」などを開催しています。

どんなお話をしたかシリーズ4回でご紹介します。

前回はこちら→デジタル化のメリット

データは見えないから迷子になりやすい

何も考えずにデータ化してしまうと、

いざ必要な時に情報が出てこないデジタル迷子になります。

デジタル化とは、ただコンパクトに省スペースに収めるだけでなく

「どこに収める」「どこで活用するか」かも重要です。

ミニセミナーは整理収納フェスティバルでの開催のため、

整理収納アドバイザー的活用例をお話ししました。

どこに収めますか?

ScanSnap iX100は購入すると

Evernoteプレミアムプラン3ヵ月無料というサービスがついてきます。

ぜひ、これを利用してください。

無料の3カ月の間にたくさんデータを入れた後

無料プランに変更しても過去のデータは消えません。

Evernoteって何?

Evernoteはどの端末からでもアクセスできるため

外出先でも情報を持ち出せます。

そして検索が便利!

バインダーノートのイメージがわかりやすく

  • ノートブック=バインダーファイル
  • ノート=ルーズリーフ(情報)
  • タグ=インデックス

これを、デジタルで管理できます。

どこで活用しますか?

整理収納フェスティバルの企業ブースでは

ADの仕事に役立ちそうな、魅力的な資料がたくさん

私は帰宅後すぐにScanSnapでデータ化します。

このような冊子も一冊丸ごとEvernoteへ

ちなみに名刺も、いただいたその日にスキャンしてeight

仕事での活用には、やはりScanSnapに連携できる

書類はEvernote、名刺管理はeightをおススメします

 

もし、出先で情報が必要になった場合

データとしてEvernoteに入っていれば、その場ですぐに検索できます。

「折り返しご連絡」の時間のロスがなくなります。

もしかして使うかも?何かに役立つかも?

という情報ほど、デジタル保管することで利用の幅が増えます。

こんな使い方も

ScanSnapはWi-Fi環境のない外出先でも接続できます。

講座で頂いたアンケート等は、その場でスキャンし持ち帰ります。

毎年恒例の「夏のファミ片イベント」

講座終了後はデジタル化してすぐに仲間とシェア

市民講座などでは、アンケートは後日

主催の方が内容をまとめて送ってくれます

でも、講師としては、

講座内容のブラッシュアップのためにもすぐ内容がみたい!

ゆえに、仕事の度に持ち歩いています。

 

いかがでしょうか?

仕事で使ったら便利かも〜って思ってもらえましたか?

 

次回は、もっと便利な使い方

ScanSnap Cloudについてご紹介します。