ScanSnapミニセミナー1・デジタル化のメリット

2017年の整理収納フェスティバルでは

PFUさんの企業ブースをScanSnapアンバサダーとしてお手伝い

ご来場者の方へ「ScanSnapミニセミナー」などを開催しています。

どんなお話をしたかシリーズ4回でご紹介します

ScanSnapで出来ること

ご存知の方も多いと思いますが

ScanSnap紙の書類をスキャンしてデータ化できる電子文具です

最近では、家庭内の複合機にもスキャン機能がついてますね

確かにその複合機と出来ること同じですが

  • コンパクト(サランラップサイズ!)
  • 軽い(500mlのペットボトルと同じくらい)

持ち運びが出来るので、外出先で使用するのに便利です

紙をデータ化するメリット

紙をデータ化するメリットは主に2つ

  1. 紙を管理する手間とスペースを省く
  2. 情報を活かす!使い方の幅を広げる

省スペース管理

紙を管理するにはファイリングの手間やスキルが必要です

スキャンはファイリングが苦手な方にもおすすめです!

デスクやリビングテーブルの大量の書類も

データ化すればコンパクトになるためスッキリ・省スペース管理!

情報を活かす

一枚しかないおたよりを紙で管理する場合

壁や冷蔵庫に貼っていませんか?

  • データ化すれば持ち出しが可能
  • 家族で共有もで可能

さらに、便利なアプリを利用すれば

  • データ化することで検索が早くなる
  • 必要な情報がすぐに探せる

紙の状態よりも、活用の幅が広がります!

 

次回は実際に、仕事と家庭でサクッと活用するための

デジタル化のコツについて紹介します