ScanSnapミニセミナー4・家庭での活用例

2017年の整理収納フェスティバルでは

PFUさんの企業ブースでScanSnapアンバサダーとしてお手伝い

ブースではご来場者の方へ「ScanSnapミニセミナー」を開催しています。

どんなお話をしたかシリーズ4回でご紹介します。

初回はこちら→デジタル化のメリット

前回はこちら→仕事での活用例

前回はこちら→ScanSnap Cloud

家庭内でも紙類は困りもの

家庭内の情報は、まだまだ紙ベースが多いです。

学校や地域のおたより、年賀状や子どもの作品など・・・

「整理も収納も難しい・・・」

と、悩む方はたくさんいらっしゃいます。

外出先で確認したい情報はEvernote

私も家庭内の情報は2か所で管理しています。

どんな紙類をスキャンしているのか私の事例でご紹介しますね。

学校の年間予定やおたより、地域のお知らせ

例えば、学校の年間予定表

デジタル化すれば、仕事先でも確認できます。

急なシフト変更にも対応が可能です。

また、家族と共有しておけば

「運動会いつだっけ〜」と何度も聞かれることもありません。

 

健康管理(検査結果や食事療法など

健康診断の結果や、病院で頂いたレシピなど

普段から持ち歩くことで、

日々の買い物の献立や外食の時に意識できますよね。

レシピなどの切り抜き

今日のメニューに困ったときや、

ふと、作りたくなった時もスーパーで食材が確認できますね。

デリバリーやお弁当屋さんのメニュー

よくポストに入っているお弁当やデリバリーのチラシ

遅くなりそうな時は、出先から注文しておいたり

家族にお願いするときは、Web検索しなくても

メニューの指定まで出来ます。

 

旅行先で手に入る情報

実は、観光地にしかない資料やマップが好きなんです。

「今度また行くときは、ここも行こう」と思い

ついついたくさんもらってきてしまう経験ありませんか?

資料はその時は

「何かに使えるかも」と集めるもの

Evernoteなら

その「何か」の時に検索できるため、

紙の状態よりも活用が広がります。

家で見るならパソコンの中

持ち歩く必要のないものは、自宅のパソコンに保管します。

子どもの作品類

以前は書き終わったら処分していた自由帳や絵日記帳。

バラバラにしてスキャンすれば、

こんな可愛い日常もコンパクトに保管することが可能です。

冊子ごとスキャンするには

両面スキャンできるScanSnap iX500がお勧めです。

 

年賀状や家庭の情報

個人情報を含む情報は、極力パソコンの中にしています。

毎年頂く年賀状も、住所録としてだけでなく

写真やコメントも含み両面スキャンしておくと良いですね。

また引越しや受験の記録なども、次回に役立ちます。

 

活用できるデジタル化のコツお伝えしてます

ただ、デジタル化してコンパクトに収めるだけでなく

  • 何に活用したいか
  • どこで活用したいか

目的により

保存場所の特徴や、スキャンの設定方法も知っておくと便利です。

 

ScanSnap講座では

皆さんのScanSnap生活を手助けするワークショップも開催しています。